私の看護師さんにまつわる珍体験は、私が患者として病院に入院しているのに、看護師さんに気を使わなければならなかったことです。

看護師さんにまつわる珍体験

私の看護師さんにまつわる珍体験は…

■ 36歳 女性の場合
私の看護師さんにまつわる珍体験は、私が患者として病院に入院しているのに、看護師さんに気を使わなければならなかったことです。

子供を出産するために産前と産後入院したのですが、その産婦人科の看護師さんたちが皆仲悪く、説明の時間や診察の時間など、看護師さん内でコミュニケーションが取れておらず、こちらが気を使わなければならず困惑しました。
話しかけても曖昧な答えが返ってくることもあり、とても困った記憶があります。こちらがベッドで休んでいるときでさえ、仲の良くない看護師さん同士の軽い言い合いを聞かなければならず困りました。

産婦人科の病棟というと、明るくとても元気なイメージがありますが、働いている看護師さん達が不機嫌な時が多かったせいで、全然快適に過ごすことができませんでした。
次に入院した産婦人科ではそんなことがなかったので、看護師さん同士が不機嫌で患者がちっとも安らげない病院は珍しいのだとわかりました。

Copyright 2017 看護師さんにまつわる珍体験 All Rights Reserved.