私が小さい頃、ノロウィルスの酷い物のような「冬季下痢症」と言う症状になったことがあります。

看護師さんにまつわる珍体験

私が小さい頃…

■ 36歳 女性の場合
私が小さい頃、ノロウィルスの酷い物のような「冬季下痢症」と言う症状になったことがあります。もう病院に行く間に母に自転車に乗せてもらっていても、途中、道で吐くような酷い状態でした。
小さいながらももう死ぬかと思いましたよ。
近所の小さい病院では対応できかねるとのことで、大きい病院に行く事になりました。
救急車等を使えば良かったのですけど、母は走って私をおぶってタクシーへ。その時はかろうじて大丈夫だったのですが、病院の待合室で吐き気に襲われて、うなっていたら、すかさず看護婦さんがきて両手で受けてくれました。
びっくりしました。

看護婦さんにまつわる珍体験ですね。廊下に吐いてしまったら大変だと、とっさにやってくれたのでしょう。脱水症状でもう大変な状態だったのに、待合室で待たされて大変な時でした。
先生に診てもらった時は危ない状態ですぐに個室に入院となりました。
幼稚園の時の事ですけど、今でも鮮明に覚えています。

おすすめ情報

Copyright 2017 看護師さんにまつわる珍体験 All Rights Reserved.