看護師さんにまつわる珍体験ですぐに思い浮かぶのは、入院したときに担当してくれた看護師さんのことです。

看護師さんにまつわる珍体験

看護師さんにまつわる珍体験ですぐに思い浮かぶのは…

■ 27歳 女性の場合
看護師さんにまつわる珍体験ですぐに思い浮かぶのは、入院したときに担当してくれた看護師さんのことです。

とてもかわいくて優しい看護師さんなのですが、すごくそそっかしい人で薬を忘れたり、採血したものを部屋の置きっぱなしにしたり、運んでくれたご飯をひっくりかえしたり、本当にいろんなことをやらかしてくれました。

しかし、気持ちが落ち込みやすい入院中でも、その看護師さんのおとぼけやうっかりミスに笑わせてもらって、そのおかげで楽しく過ごすことができたのですよね。
入院中って本当に暗くなるのです。
見舞い客や家族がきているときは笑顔でも、見舞いの時間が終わってひとりになると泣けてしまうこともよくありました。
ですが、そのたびに看護師さんがあれこれやらかしてくれるので、はらはらしたりあきれたり、笑ったりして気持ちを切り替えることができました。

命にかかわるようなミスはなかったし、今考えると、もしかしたらそういったぎりぎりのラインを見極めたプロの一流のボケだったのかもしれませんね。

おすすめ情報

Copyright 2017 看護師さんにまつわる珍体験 All Rights Reserved.