最近、高齢になった父と母の一人、あるいは両方に付き添って病院に行くことが増えてきました。

看護師さんにまつわる珍体験

最近、高齢になった父と母の一人…

■ 43歳 女性の場合
最近、高齢になった父と母の一人、あるいは両方に付き添って病院に行くことが増えてきました。
近頃は地域医療を主体としているので、まずは個人開業医のところへ行き、そこから病状が重篤であれば大きな病院を紹介してもらうという流れになっているので、必然的にさまざまな病院に行くことになります。
ある時、母が具合悪いというので、泌尿器科へ付き添って行きました。
前々からおへそに何か黒いものがあり、おへそ周辺がかちかちになっているのが気になっていたのですが、看護師さんがそれを目ざとく見つけられました。

先生も、それ、取りましょうかとおっしゃり、母と二人で、取れるのですかとびっくり。看護師さんは、これは先生、喜ぶだろうなと思っていたのですよと大はしゃぎです。
悪いものではなく、へそのゴマがたまりにたまって大きくなったものだそうで、悪いものではないかと心配していただけに、なんだか拍子抜けしました。

無事に取れたのを見て、看護師さんは、これはいまだかつてない大きなものだと興奮され、記念にとケースに入れて渡してくださいました。
あまりにも真剣にどうぞ、と渡してくださるので、これは医療従事者として普通なのか、それとも珍体験なのか、ちょっと悩んでしまったのでした。

おすすめ情報

Copyright 2017 看護師さんにまつわる珍体験 All Rights Reserved.