母が入院していたときの話です。

看護師さんにまつわる珍体験

母が入院していたときの話です…

■ 50歳 女性の場合
母が入院していたときの話です。
長期にわたる入院生活だった母。入院も4カ月目に突入し、病棟のほとんどの看護師さんと顔見知りに。性格の穏やかで、つらい時でも自分のことは何でも自分でする母は、病棟内でも尊敬されていました。

そして看護師さんの中には悩み相談をする方もいらしたそうです。
その日も、恋の悩みを打ち明けに来た看護師のNさん。そっとスライドドアをあけて、小さく手を振って入ってきたそうです。
「ココだけの話ですが、〇〇先生とつきあっているのです」と同じ内科の先生と恋仲だと告白。看護師仲間誰も知らないよう。そして、どうやらもうひと押しで結婚にこぎつけられそうだとか。母への相談は、相手の先生のお母さんへの誕生日プレゼントはなにがよいかということだったようです。

母もそんな大事なこと相談されて、病床の身でありながら一生懸命考えてアドバイスしたそうです。
アドバイスが功をそうしたのか、半年後に結婚したそうです。
母も招待されていましたが、ちょうど転院した別病院で手術があり無理でした。
その時の看護師さんとは今もやり取りがあるそうです。

Copyright 2017 看護師さんにまつわる珍体験 All Rights Reserved.